installation & interior

pmq hong kong multimedia installation art

May 29, 2017

pmq hong kong
artwork + installation design + concept design + sign design + graphic design

credit :
creative direction, art direction & artwork: shun kawakami, artless Inc.
space design & installation: kazunori matsumura, firm.
calligraphy: gen miyamura
video art: seven shuffles

installation assistant: ken aoki, artless Inc.
graphic design: koyuki inagaki, artless Inc.

‘Bokusho -墨象-,’ an installation art piece that combines the artwork by Shun Kawakami and calligraphic strokes by Gen Miyamura, first released in 2011 for ISETAN, was revived and evolved in 2016 at Hong Kong deTour 2016.

‘deTour’ is a concurrent annual event of ‘the Business of Design Week,’ organised and hosted by Hong Kong Design Centre and PMQ. In 2016, with the year’s theme being ‘Game Changer,’ we were selected to be part of the programme by creating an installation art piece to be set up at PMQ in Central, Hong Kong.

Our response to the theme ‘Game Changer’ was to create an artwork that questions the definition of a traditional art form. The title of our artwork ‘Bokusho -墨象 -’ is directly derived from the term meaning an avant-garde calligraphy style that sprung out of post-war Japan. In this artwork, traditional calligraphy and ink painting are explored in different forms.

Photos of Japanese pines, calligraphic strokes and alphabets were combined and printed on translucent fabrics. Visitors were able to walk into the artwork – making the visitors themselves to be part of the calligraphic pine forest. Do we define an art form by its subject matter, media or aesthetic style? Rather, we believe in philosophical and atmospheric ethos – the spontaneity of strokes, the tension within the accidental negative spaces – and that an art form should not be confined by a definition.

This artwork questions such definition, to become ‘the game changer’ in the field of traditional art form.

2016年、「Hong Kong Design Centre」と「PMQ」が共同で主催するアートイベント「deTour 2016」に川上シュンがアーティストとして参加し、インスタレーションアートを制作しました。

「deTour」は、Hong Kong Design Centre が2002年から主催するインターナショナルイベント「Business of Design Week」と同時開催する、年に一度のアートイベントです。香港の中心地「中環」に位置するクリエイティブハブ「PMQ」で、約2週間の間、香港をはじめとしたアジアの若手クリエイターの作品を展示した他、ワークショップ・イベントを開催し、アジア地域のクリエイティブホットスポットとしての香港を体感することができるイベントになりました。

毎年異なるテーマで実施される「deTour」、2016年のテーマは「Game Changer」=「概念をくつがえすもの」。伝統芸術のあり方を問う前衛芸術運動「墨象」を題したインスタレーションアートを制作し、川上シュンのアートと書家・宮村弦氏の書が生み出す世界観を、空間デザイナー・Firm. の松村和典氏とのコラボレーションで空間化いたしました。

日本の伝統を象徴する「松」を「墨象」の概念で表現したアートを、線密にアレンジし、透け感のあるメッシュ生地にプリントしました。生地を天井から幾層にも吊るし、重ねることで生み出される奥行きは、訪れる人に墨絵の森にいるような錯覚を与えます。更に、空間全体に松のアートのプロジェクションを映し出し、音楽と融合させ、一貫した体験づくりを目指しました。

伝統的なアート表現を現代のテクノロジーと、そしてグラフィックを映像・音楽と組み合わせた空間構成で、日本の伝統美術を体験型アートへと昇華させ、香港の地でグローバルなオーディエンスに伝えることで、「墨象」のタイトルに表現されるような「Game Changer」の制作を試みた作品です。

01

02

03

04

05

06

07

08


© artless Inc. All rights reserved.art direction + design by artless (tokyo) / interactive design by manmaru (paris) / sound by noiselessly