point 0 marunouchi

branding + logo & visual identity + graphic design + signage

iF design award 2020 nominated *
Discipline: Communication | Visual identity and sign, graphic design  >

credit :
branding and v.i.: artless Inc. 
interior design: KDa (Klein Dytham architecture)
produce: InSitu Japan Inc.
client: point 0 Inc.

art direction & v.i., logo design: shun kawakami, artless Inc.
graphic design: nao nozawa + qiwen cao, artless Inc.
signage design: nao nozawa + yafa zhang, artless Inc.
web programming: adrien dufond, artless interactive.
project management: moeko tamakawa + yafa zhang, artless Inc.
illustration: hitomi morita + yafa zhang, artless Inc.
photography: yuu kawakami, artless Inc.
_

 

artless Inc. was in charge of branding for point 0 Inc. and co-working space “point 0 marunouchi”, established by the CRESNECT initiative. The scope of the branding project encompassed everything from logo design, VI design, graphic design, and web design to the development of the signage and wayfinding system.

 

The CRESNECT initiative, an IoT database platform that stores and shares data for the built environment, was announced by DAIKIN in 2018. Through a joint effort across industries, point 0 Inc. was founded in February 2019. As the initiative’s first project, the proof-of-concept co-working space “point 0 marunouchi” opened in Tokyo in the summer of 2019 with interior design by Klein Dytham architecture.

 

The name “point 0” or “.0” connotes “redefinition” or “a starting point of redefinition”. The neutral design code is derived from the idea of “finding the solution in-between”, a reinterpretation of the “symbiotic biophilia and technology” of the space. Utilizing a combination of pictograms and typography on the doors, neon signs next to greenery, and botanical wall art in the meeting rooms; through contrasts and juxtapositions, we sought to visualize the harmony between biophilia and technology.

 

 

We believe the right answer lies somewhere in-between—a symbiosis of nature and technology. Similarly, through this project, we aimed to create something in-between—a symbiosis of timelessness and innovation.

artless Inc.は、「CRESNECT」構想から設立された株式会社 point 0 及びコワーキングスペース「point 0 marunouchi」のロゴ、V.I.をはじめ、グラフィック・サイン・グッズ・ウェブサイトとトータルでブランディングを担当しました。

「CRESNECT」とは、ダイキン工業株式会社が発表した、「あらゆる空間にまつわるデータを蓄積・共有する空間IoT データベースプラットフォーム」構想です。同構想を実現すべく、業界の垣根を超えた企業が集い、2019年2月に有志企業によって株式会社point 0を設立。その第一弾プロジェクトの実証実験の場として2019年初夏、丸の内にコワーキングスペース「point 0 marunouchi」をオープンしました。インテリアデザインはKlein Dytham architectureが担当。

「point 0」というネーミングは、「.0」が意味する「~の再定義」、そして「~を再定義する起点」という意味合いが込められています。また、空間の「共生するバイオフィリックとテクノロジー」さを「さまざまな中間には最適解がある」と再解釈し、「neutral/ニュートラル」をデザインコートとしています。ドアサインのストイックな文字情報にイラストアイコン添える、グリーンの傍らにネオンサイン、ミーティングルームに植物絵のウォールアートを取り入れるなど、バイオフィリックとテクノロジーを視覚的に中和(ニュートラル)させました。さまざまな「中間」に最適解があると考え、強くもなく弱くもない、自然とテクノロジーの共生。そして、コンテンポラリーでありながらもタイムレスさを心がけ、トータルでブランドデザインを行ったプロジェクトです。

 

iF design award 2020 nominated *
Discipline: Communication | Visual identity and sign, graphic design  >
お陰さまで、2020 年、世界3大デザイン賞のひとつ「iF DESIGN AWARD 2020」にて、ブランディング・コミュニケーション部門にてノミネーションしました。iF DESIGN AWARDとは、ドイツのハノーヴァーにある「iF International Forum Design GmbH」が主催する「iFデザイン賞」。1953年に創設された歴史と権威あるデザイン賞です。毎年、全世界の工業製品を対象に優れた工業デザインを選定。プロダクトの分野では、情報通信、コンピュータ、オフィス、キッチン、家庭用品/テーブルウェア、医療/ヘルスケアなど、19カテゴリーからなっており、デザイン品質、革新性、機能性、人間工学、環境への対応、安全性、ユニバーサルデザインなどの基準に基づいて総合的に評価し、厳正に審査されます。審査員は20を超える国々から集まる約60名の著名な専門家たち。近年では50ヵ国以上から、数千ものアイテムがエントリーされており、レッドドット・デザイン賞(ドイツ)、IDEA賞(アメリカ)と並ぶ3大デザイン賞として知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

press download links
pdf
press kit