toggle hotel suidobashi

brand visual design :
logo & visual identity, graphic & signage,
hotel amenities, goods & items, website,
food direction for cafe & restaurant. 

branding & management: artless Inc.
creative and art direction: shun kawakami
art direction & design: keigo anan & jun kohmura
project management: asami kinoshita
signage & item photography: yuu kawakami
food direction: miho kawakami

architecture & interior design: Klein Dytham architecture
client: Atrium Co.,Ltd.

 

We were in charge of the branding and visual identity (logo design, signage, web design, copywriting, and food direction) for toggle hotel suidobashi, in Suidobashi, Tokyo.

KDa (Klein Dytham architecture) supervised the architecture and was in charge of the interior design. Created with the concept “on/off, your style”, the exterior and all 84 guest rooms are designed in a bicolor scheme, offering a variety of ways for guests to spend their time.

Inspired by the hotel’s name “toggle”, we designed a logo that brings to mind a switch that can be toggled on and off. To express the concept of “on/off”, the letters are composed of only circles and ellipses where the arrangement of missing halves creates a sense of movement. In addition, we created original typefaces for room and floor numbers to match the bicolor interior of the hotel, for a design that is at once playful and unique.

With a proactive attitude towards sustainability, guests are encouraged to use the water server on the 9th-floor lounge instead of bottled water. The items used in the café lounge are designed to be environmentally friendly by making use of renewable materials and avoiding the use of plastic where possible.

artless Inc.は、東京・水道橋にオープンした「toggle hotel suidobashi」の V.I. を中心としたブランドデザイン(ロゴ、V.I、グラフィック、サイネージ、ウェブ、グッズ、アメニティ、カフェメニュー、フードディレクション)を担当しました。

建築デザイン監修及びインテリアデザインはKDa(クライン ダイサム アーキテクツ)が担当し、「on/off, your style」をコンセプトに、外観や全84室あるゲストルームが全てバイカラーでデザインされており、多彩な過ごし方ができます。

ロゴデザインは、ホテル名「toggle」のコンセプトである上下や左右に動かすことによってオン・オフを切り替えられる、トグルスイッチから着想。on/off を表現する為に、文字の上下半分に見えない部分をつくることで動きの出るレイアウトにし、トグルスイッチの要素である円と長円形のみで文字を設計しています。また、バイカラーで構成されるホテル全体のインテリアに合わせ、ルームナンバーや階数表記のためのオリジナル書体を設計し、遊び心や個性が感じられるデザインを図っています。

ロゴからサイネージ、そして、ウェブまで、また、KDa との建築とインテリアデザインとのコラボレーションによる包括的なブランドデザインによるブランディングで、他にはないクリエイティブクオリティのデザインホテルを、また。オリジナルなタイプフェイスやアイコンのサインデザインで、ブランドエクスペリエンスのデザインも意識している。

積極的にサステナビリティをコンセプトとした取り組みを導入しており、ゲストにはペットボトル入りの水の代わりに、9 階ラウンジに備えられたウォーターサーバーを利用してもらうシステムを採用。ホテルで使用する資材については、プラスチックの使用を控えて出来る限り再生可能素材を使用する事によって、環境に優しいデザインに取り組んでいます。

ホテルカフェの朝食などのメニュー開発は、フードディレクター川上ミホにより、朝のホテル体験もパッケージデザインとともにレシピのデザインとディレクションを行っている。