Featured

artless Inc. | a global branding agency

artless Inc. is an independently owned global branding agency integrating design and business, based in tokyo and kyoto, founded by shun kawakami in 2001. our activities are based in visual communication and the language of design; branding and consulting, art and design, graphics and identity, architecture and interior, typography and signage, fashion and music, web and digital experience, advertising and communications.

we don’t differentiate between art, design, architecture, digital and other forms of communication — we embrace it. diverse challenges that extend across multiple disciplines provides us with an experience that allows us to broaden our perspective. our philosophy is rooted in the Japanese sense of beauty, infused with contemporary creativity aiming to make a difference.

“artless Inc.” は、 東京と京都を拠点にグローバルに活動するブランディング・エージェンシーです。戦略/ストラテジーフェーズのコンサルティング、そして、グラフィックから建築まで、すべてのデザインフェーズにおける包括的なクリエイティブディレクション及びアートディレクションを行います。

アート/デザイン/ビジネス、そして、グローバルやローカルなど多角的視点を軸に、日/英語/中のトリリンガルによる独自のブランディングを行っています。

活動領域は、国内だけでなく、アジア、ヨーロッパ、アメリカと多岐に渡り、ブランドや企業のストラテジーからアイデンティティの構築、ロゴ、タイプフェイス、グラフィック、建築、インテリア、サイネージ、アート、インスタレーション、フォト、ビデオ、音楽、ファッション、スタイリングなどのフィジカルなデザインから、ウェブやデジタルメディアにおけるインターフェースデザインまで、ブランドや企業が必要とする、すべてのコミュニケーションデザインも行います。

また、独自のクリエイティブネットワークを築き、このグローバル・コレクティブ「artless collective™」 では、国際的に活躍する多様なジャンルの専門家やアーティストがリストアップされ、企業や組織の垣根を超え、各プロジェクトのニーズに応じた最適なチームを提案しプロジェクトを進行しています。

“artless Inc.” は、アートやデザインを「ヴィジュアル・ランゲージ」と捉え、ヴィジョンやフィロソフィーといった目には見えない概念を表現する「ヴィジュアル・コミュニケーション」の姿勢を軸にブランディングを行なっています。

corporate information
artless Inc. / 株式会社 artless
founder & ceo
Shun Kawakami
stock information
10,000,000 jpy
staff 22
year of establishment 2001



head office
東京  tokyo
nakame gallery street J2+J3
2-45-12 kami-meguro meguro-ku

tokyo 153-0051 japan

2nd office
京都  kyoto

gojo place 9f, 107-3

ebisucho shimogyo-ku
kyoto 600-8302 japan


service
Brand Strategy
Research and Insights
Brand architecture
Brand positioning
Naming and Brand concept
Communication and Design strategy
Content and Digital strategy

Brand Design
Visual identity
Verbal identity
Brand atmosphere
Typography
Image language
Illustration language
UX/UI design
Motion design
Sound identity

Brand Communication &
Brand Experience

Creative direction
Art direction
Architectural design
Interior design
Graphic design
Sign design
Digital product design
Application design
Retail
Environment
Exhibition
Installation
Curation

JABE Berlin

JABE Berlin

branding + interior design

branding & management: artless Inc.
creative direction & art direction: shun kawakami
interior design: sawada hashimura
graphic design: nao nozawa + shinsaku iwatachi
lighting design: sawada hashimura + NJEBO
photography: TokioKid
client: JABE Berlin

_

artless Inc. was in charge of branding including coming up with the name, logo design, creating all design outputs, and working with architecture studio Sawada Hashimura for the interior design of the restaurant.

The name JABE, a catchy abbreviation of Japan and Berlin, was chosen to reflect the restaurant’s concept of bringing a slice of Japan to Berlin. The logo consists of fine lines that channel traditional Japanese culture through a contemporary visual language. A gentle shade of black and beige is used throughout as an expression of modern Japan.

Similarly, the interior avoids the stereotypical Japanese decor and is designed in a modern style that fits right into the urban lifestyle of Berlin. The use of simple and familiar materials such as plywood, black granite, stainless steel, and ceramic tiles, expresses Japanese aesthetics through calm tones and shadows. The suspended linear lights were specially designed for the restaurant through a collaboration with the new Berlin-based lighting brand NJEBO. The series of linear lights brings to mind the glowing nightscapes of Japan and represents a crossing of cultures in today’s world.

_

今回この店舗のブランディングにおいてはネーミングからロゴデザインなどを含めたすべてのデザインをartlessが担当し、それと連動したインテリアデザインをSawada Hashimuraが担当しました。

ネーミングはベルリンにおいて日本を感じさせる場所ということで、BerlinとJapanのabbreviationでJABEと名付け、短い言葉で印象に残る語感の店名としました。ロゴ化にあたり、日本文化の伝統を現代的な印象で表現するため繊細なラインでロゴをデザインしています。また、黒とベージュというおだやかな陰影を感じさせるカラーリングで一環してデザインを統一する事でモダンな日本を表現しています。

インテリアも同様に、伝統的でステレオタイプな方法で日本を表現するのではなく、ベルリンでの都市生活に馴染むよう現代的なスタイルとしました。Plywood, black granite, stainless steel, ceramic tile など、質素でありふれた材料を使用していますが、その落ち着いたトーンと陰影によって日本の美意識を表現しました。天井に浮遊するライン状の照明器具は、ベルリンの新しい照明ブランドNJEBOとのコラボレーションにより、このレストランのためにデザインされました。細いライン照明の連なりは、アジアの都市の夜景をも連想させ、現代のクロスカルチャーな世界感を表象しています。

point 0 marunouchi

point 0 marunouchi
by point 0 Inc.

branding + logo & visual identity + graphic design + signage

ininterior design: Klein Dytham architecture
creative direction & art direction, logo design : shun kawakami, artless Inc.
graphic design: nao nozawa + qiwen cao, artless Inc.
signage design: nao nozawa + yafa zhang, artless Inc.
web programming: adrien dufond
project management: moeko tamakawa + yafa zhang, artless Inc.
illustration: hitomi morita, yafa koseko
photography: yuu kawakami, artless Inc.
client: point 0 Inc.

_

artless Inc. was in charge of branding for point 0 Inc. and co-working space “point 0 marunouchi”, established by the CRESNECT initiative. The scope of the branding project encompassed everything from logo design, VI design, graphic design, and web design to the development of the signage and wayfinding system.

The CRESNECT initiative, an IoT database platform that stores and shares data for the built environment, was announced by DAIKIN in 2018. Through a joint effort across industries, point 0 Inc. was founded in February 2019. As the initiative’s first project, the proof-of-concept co-working space “point 0 marunouchi” opened in Tokyo in the summer of 2019 with interior design by Klein Dytham architecture.

The name “point 0” or “.0” connotes “redefinition” or “a starting point of redefinition”. The neutral design code is derived from the idea of “finding the solution in-between”, a reinterpretation of the “symbiotic biophilia and technology” of the space.

Utilizing a combination of pictograms and typography on the doors, neon signs next to greenery, and botanical wall art in the meeting rooms; through contrasts and juxtapositions, we sought to visualize the harmony between biophilia and technology.

We believe the right answer lies somewhere in-between—a symbiosis of nature and technology. Similarly, through this project, we aimed to create something in-between—a symbiosis of timelessness and innovation.

artless Inc.は、「CRESNECT」構想から設立された株式会社point 0 及びコワーキングスペース「point 0 marunouchi」のロゴ、V.I.をはじめ、グラフィック・サイン・グッズ・ウェブサイトとトータルでブランディングを担当しました。

「CRESNECT」とは、2018年にダイキン工業株式会社が発表した、「あらゆる空間にまつわるデータを蓄積・共有する空間IoT データベースプラットフォーム」構想です。同構想を実現すべく、業界の垣根を超えた企業が集い、2019年2月に有志企業によって株式会社point 0を設立。その第一弾プロジェクトの実証実験の場として2019年初夏、丸の内にコワーキングスペース「point 0 marunouchi」をオープンしました。インテリアデザインはKlein Dytham architectureが担当しました。

「point 0」というネーミングは、「.0」が意味する「~の再定義」、そして「~を再定義する起点」という意味合いが込められています。また、空間の「共生するバイオフィリックとテクノロジー」さを「さまざまな中間には最適解がある」と再解釈し、「neutral/ニュートラル」をデザインコートとしています。

ドアサインのストイックな文字情報にイラストアイコン添える、グリーンの傍らにネオンサイン、ミーティングルームに植物絵のウォールアートを取り入れるなど、バイオフィリックとテクノロジーを視覚的に中和(ニュートラル)させました。

今回、さまざまな「中間」に最適解があると考え、強くもなく弱くもない、自然とテクノロジーの共生。そして、コンテンポラリーでありながらもタイムレスさを心がけ、トータルでブランドデザインを行ったプロジェクトです。

press download links
pdf
press kit

designart 2019: Tea ceremony by artless + asahiyaki

Tea ceremony
by artless + asahiyaki
(at hotel koe tokyo)

2019.10.19 sat – 10.20 sun

A meeting of two artists; Hosai Matsubayashi the 16th generation master of Asahiyaki, a 400-year old pottery workshop in Uji/Kyoto ― and Shun Kawakami an artist and art director of global branding agency artless Inc. The two share a deeply held aesthetic sense “kirei-sabi (refined rusticity)” established by tea master Kobori Enshu. This shared aesthetic is expressed through their modern sensibilities as a “chawan (tea bowl)” and a piece of “graphic art”. The artworks will be on display in the private lounge at hotel koe tokyo in a reservation-only tea ceremony setting.

約400年の歴史を持つ京都・宇治の窯元、朝日焼。その16代目となる松林豊斎と、グローバルに活躍するブランディングエージェンシー artless Inc. を率いる アートディレクターでありアーティストでもある 川上シュン。この二人の根底にある「綺麗寂び」という茶人・小堀遠州の美意識を基に、双方の現代的美意識を一つの茶碗と一つのグラフィックで表現され展示されます。この展示は、hotel koe tokyo プライベートラウンジにて、完全予約制の御茶席形式でのアート鑑賞となります。

各回の流れは、アート鑑賞から煎茶+御茶菓子+御抹茶/薄茶というコースになり、朝日焼十六世がお茶を点て、彼の茶碗でお出しします。すべての会に作家二名が直接作品についての解説を行います。また、御茶会のお手前などの知識や用意は不要ですので、お気軽にお越しください。

date : 2019.10.19 sat – 10.20 sun
hours : 12:00- / 13:30- / 15:00- / 16:30- (60 minutes each /
reservation only)
price : ¥3,000 (Sencha + Matcha + sweets)
place : hotel koé tokyo (3F / private lounge),
3−7 Udagawachō Shibuya-ku Tokyo 150-0042 Japan. (Google map)
online reservation >> https://www.tablecheck.com/ja/shops/hotelkoe-tokyo-privatelounge/reserve

日程:2019. 10/19 (土) – 10/20 (日)
時間:12:00- / 13:30- / 15:00- / 16:30- (各60分)/ 予約制)
値段:¥ 3,000 (煎茶+抹茶+御茶菓子

場所:東京都渋谷区宇田川町 3-7 hotel koé tokyo (3F, private lounge) Google map
予約サイト
https://www.tablecheck.com/ja/shops/hotelkoe-tokyo-privatelounge/reserve

photography by yuu kawakami, artless Inc.

Artist Profile

朝日焼十六世 松林 豊斎(佑典)
四百年の歴史を持つ朝日焼の十五世窯元松林豊斎(まつばやし ほうさい)の長男として生まれる。父の指導の下、陶芸の技術を学び、二十五歳より陶芸作家としての活動を始める。主に、茶道具を中心に制作を行い、日本各地での個展〈展示会〉の開催。海外での作品の発表も行う。また、日本のお茶の文化を海外の人に知ってもらうための活動も積極的に行っている。伝統的な朝日焼の技術をベースに、古くからの茶道の美意識と、現代的な感性の調和を目指して制作を行っている。また、自身の作家活動とは別に朝日焼の工房としての新たな取り組みも行い、伝統工芸を世界に発信するプロジェクトGO ONに参加。デザイナーとのコラボや、新しい茶器の制作などを行っている。

Matsubayashi Hosai XVI
In 2016, he succeeded to Hosai XVI, a practitioner of the 400-years old Asahiyaki pottery. Asahiyaki is strongly rooted in the culture of Uji region in Kyoto, known as a first-class tea producing regions with 600 years of history. Hosai learned the art of pottery under his father and became a fully-fledged potter at the age of twenty-five. He produces his works using the traditional Asahiyaki techniques with delicate and mindful wheel shaping, while reviving the traditional tea ceremony aesthetics with modern-day sensibilities. He exhibited and hosts a tea ceremony in Guimet Museum in Paris, and had an artist-in-residence at Leach Pottery in St. Ives, established by Bernard Leach.

川上シュン
アートディレクター/デザインストラテジスト/アーティスト

ブランディング・エージェンシー artless Inc. 代表。東京と京都を拠点に、アート/デザイン/ビジネス、そして、グローバル/ローカル という 5 つの視点を軸に、グラフィックから建築空間まで、すべてのデザイン領域における包括的アートディレクションによるブランディングやコンサルティングを行っている。また、アーティストとしての活動も多岐に渡り、安土桃山時代を中心とする水墨画、障壁画、茶の湯、生花、盆栽、作庭、建築など、高度に洗練された「日本独自の美的理念」へ回帰しながらも、「デザインとアート」そして「西洋と東洋」を融合的に捉え、独自の視点と価値観でのグラフィック作品やインスタレーション作品の制作、発表を行っている。2018年、上海にて個展。2017年12月、パリのルーヴル美術館にて開催されたSalon des Beaux Arts(サロン・デ・ボザール)に招待アーティストとして選出され、幅17.5m/高さ3mのビデオインスタレーション作品を発表し、金賞を受賞している。2017年よりスタートした 東京/表参道、渋谷、外苑前、六本木、代官山を中心としたデザインとアートを横断するフェスティバル「DESIGNART(デザイナート)」を共同創設者として立ち上げ、ブランディングを行い東京に新しいムーブメントを起こしている。近年の代表作としては、hotel koe tokyo、koe donuts、mist hotel zhengzhou、four seasons kyoto、abysse daikanyama など。受賞歴は、NY ADC、D&AD、ONE SHOW、RED DOT、IF Design Award、DFA: Design for Asia Awards、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル/金賞など、多数の国際アワードを受賞している。

Shun Kawakami
art director / design strategist / artist


Born in Tokyo in 1977.
Represents artless Inc. Shun Kawakami has been actively involved in a wide array of creative endeavors including art, design, branding, interactive, video, product, installation and architecture. Shun Kawakami has been energetically involved in exhibitions and projects in Japan and overseas as well as curation while also submitting is art works to different media.
In 2008, he was selected to participate in he Kansei-Japan Design Exhibition” at Les Arts Decoratifs (Musee du Louvre, Paris), sponsored by the Ministry of Economy, Trade and Industry to commemorate the 150th year of Japan-France exchange. For this occasion, he produced a unique art book. In 2010, he won the Gold Award at the Cannes Lions International Advertising Festival (video for a TV channel in Finland (ch4). In 2010, he selected to Tokyo Graphic Passport at Centre Pompidou in Paris. In 2015, he was selected to H&M kyoto opening visual artist, and also was selected to Starbuck Shibuya Q-Front Store renewal opening artist.
He has won several prestigious international awards including NY ADC: Young Gun 6, NY ADC, NY TDC, The One Show, Reddot Design Award, iF Design Award and London International Award. Also in Japan, Kawakami has won numerous awards including Tokyo TDC, Good Design Award and Tokyo Interactive Ad Award.

wasou

wasou
by takami holdings

branding + visual identity + graphic design

creative direction & art direction: shun kawakami, artless Inc.
graphic design: ayako shien, artless Inc.
project management: asami kinoshita
photography: kyohei matsuda
hair & make up: mika furukawa
client: takami holdings

_

artless Inc. conducted the naming, branding, V.I., logo design and key visuals for the kimono collection brand, “wasou”, operated by TAKAMI HOLDINGS which was established in 1923 as a drapery shop.

Borrowing aspects from the TAKAMI HOLDINGS brand identity, we chose a formal base typeface for the logo, then carefully created each letterform to convey the brand’s ethos of lasting and evolving over time.
For the brand colors, we selected a warm and naturally light ivory white, as well as red-touched gold lending an air of elegance to the brand.
We supplied fashionable hair and makeup for the key visuals and shot the photos in a naturally lit and shadowed setting―allowing us to preserve the quality and beauty of the kimono in a modern atmosphere.
This branding provides a contemporary viewpoint within traditional aesthetics and quality derived from a rich history.

_

artless Inc.は1923年に呉服屋として創業した TAKAMI HOLDINGS の和装コレクションを取り扱う新ブランド「 wasou 」においてネーミング及びブランディング、V.I. 構築、ロゴデザイン、キービジュアルを手がけました。

ロゴデザインにおいては、TAKAMI HOLDINGS のブランディングを継承しつつ、格式のある書体をベースに時代の流れとともに進化し続けている柔軟性を表現するため、一文字ずつ丁寧に作成しました。
ブランドカラーには温かみがあり自然光を感じられるような ivory white と、上品な少し赤味のある gold をセレクトしています。
キービジュアルでは敢えてファッション性のあるヘアメイクを施し、自然の柔らかい光と陰だけで作り出した空間の中で撮影することで、着物の上質な佇まいを残しつつも、モダンな空気感を感じられるようなビジュアルに仕上げています。
歴史ある品質と伝統美の中にコンテンポラリーの視点で構築したブランディングです。

press download links
pdf
press kit

koé donuts kyoto

koé donuts kyoto
branding + visual identity + total design ( logo + signage + graphic + packaging + goods + web )
https://donuts.koe.com/

interior design: kengo kuma and associates

branding: artless Inc.
creative direction & art direction: shun kawakami
illustration: yu nagaba
art direction & design: koyuki inagaki
assistant design: kanako ueno, qiwen cao
project management: asami kinoshita
web development: adrien dufond, artless interactive
photography: masaki hamada, yuu kawakami
client: STRIPE INTERNATIONAL INC.

_
artless Inc. was responsible for designing the signage, goods, website, and total branding/identity of “koé donuts”, a donut factory opened in March of 2019 in the Shinkyogoku area of Kyoto.

Similar to koé, which artless also conducted the branding for, koé donuts embraces the true meaning of the words “organic”, “natural”, and “locally grown”. They carefully select ingredients that are both good for the body and the environment—ethically reimagining Japanese donuts.

The architecture and interior design was carried out by Kengo Kuma, recipient of numerous national and international awards including the Architectural Institute of Japan Award as well as responsible for the architecture of the New National Stadium set to be complete in 2020. Kuma took an ethical and organic approach to the interior of koé donuts and spread Kyoto Arashiyama woven bamboo baskets across the ceiling, creating a warm and relaxing atmosphere.

Furthermore, koé donuts’ character illustration was done by the well-known and talented illustrator, Yu Nagaba, renowned for his work in “POPEYE” magazine and numerous other publications.

artless Inc. collaborated with architects and illustrators during the branding and design process; striving to preserve the identity of the brand established with koé while expressing the value and importance of Kyoto. Further solidifying koé’s brand identity, the same typeface was used. It was then combined with a more contemporary monogram of the K and D to give a fresh and Kyoto-like feeling to the logo. The brand color is a traditional Japanese purple, lending to the overall elegance of the identity. Lastly, coinciding with the brand philosophy of being “ethical”, the shop cards and take-out boxes are all made with environmentally conscientious craft paper.

Next time you find yourself in Kyoto, come stop by koé donuts.

_

artless Inc. は、京都・新京極にオープンしたドーナツファクトリー「koé donuts」のロゴをはじめ、グラフィック・サイン・パッケージング・グッズ・ウェブとトータルでV.I.及びブランディングを担当いたしました。

「koé donuts」は同じくartless Inc. がブランディングを手がけるライフスタイルブランド「koé」により、「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードとした、身体にも環境にも配慮した素材を厳選し、日本らしいドーナツに再編集したエシカルなドーナツを提供いたします。

インテリアデザインは、2020年完成予定の新国立競技場を手がけ、日本建築学会賞など国内外で多数の賞を受賞する隈研吾氏が手がけ、京都嵐山の伝統的な竹かごに覆われたインテリアはエシカルへの取り組みとオーガニックへのこだわりを表現すると共に、暖かで柔らかな空間となっています。 また、koé donuts のキャラクターをはじめとするイラストレーションは、雑誌や広告など様々なジャンルで知られ、幅広い層から支持を得る人気イラストレーター長場雄氏が担当しています。

artless Inc.は koé らしさを表現しつつ、建築家、イラストレーターとのコラボレーション、京都という場所を大切にしたブランディング及びデザインを行なっています。ロゴデザインは koé ブランドオリジナル書体を使用しブランドの認知を確固たるものにすると共に、コンテンポラリーな家紋をイメージした、KとDを組み合わせたマークを添えることで京都らしさや軽やかさを表現しています。ブランドカラーはポップでありながらも気品を感じさせる日本の伝統色である紫を選定。また、ブランドフィロソフィーの「エシカル」に寄り添い、ショップカードやテイクアウト用のボックスなど環境に配慮した素材を使用しています。
















press download links
pdf
press kit